Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リョウが26日で4歳になりました!
おめでとー、もう4歳、まだまだ4歳。
また一年楽しい日々が過ごせますように・・・

がっ、しかーし。
金曜日のお昼に幼稚園から電話が。
「リョウくん、37度6分です。お迎えお願いします」
ハイ風邪をぶりかえしたようです。
ということでお誕生日は、熱で一日中寝ていました。 ふぅ。

もうなんだか、にこ家は呪われてるの?
夫曰く「お払いしなくちゃなー」って感じなのですけど。

とりあえずお誕生日のお祝いはGWに延期です。
プレゼント何にしようかなー。
自転車もいいなぁと思うのですが、今の私に練習は付き合えないし(笑)
困ったものです。

nixtuti.jpg


スポンサーサイト


新しい生活が始まりました。
そして、ふたつのおめでとう。

まずは、ユウが一歳になりました!
9日は入園式前日、実家では一足早く7日にお祝いをしてもらって、
家族でのお祝いは夫も遅いことだしと、週末にすることに。
(といっても、なんだか普通に過ごしてしまったのだけれど・・・)

それにしてもこの一年、本当にあっという間だった気がします。
もう赤ちゃんじゃないんだなーと思うと、ちょっぴり淋しい気もしますが。
元気に育ってくれて、ありがたいなぁと思います。
あっ、ちなみに。 まだ歩けません。
だんだん一人で立つ時間が長くなってきたので、もうそろそろかな?


そして10日。
待ちに待った、リョウの入園式。
毎日暖かい日が続いたせいか、こちらでは珍しく桜も咲きました。

入園式

夫も午前中だけ休みをとって、ユウも連れていきました。
結構お父さんも多かったかな?
リョウは泣くこともなく、無事に終了!
その後は主人の実家でお寿司を御馳走になり、私の実家へ。
親戚みんなにお祝いしてもらいました。

そしてそして、月曜日から元気に登園しています。
16日からお弁当なので、それまでは午前中だけなのですが。
私とユウは歩いて帰ってきて、ユウはお昼寝。
(あっ、ユウはもちろんベビーカーだけれど)
私は時計を何度も何度も、ソワソワと見ながらちょっぴりの家事。
そしてお迎えへ。
この2往復が結構疲れます。
まだ天気がいいので、いい運動!って感じだけれど雨だったらキツイかなー。

そうそう、早速転んだらしくおでこにたんこぶ。 膝をすりむいて帰ってきました。
どうやら教室を脱走したらしいのですが・・・
家に帰って、「どうして外にでたの?」と聞いたら、
「ママが隣の部屋にいるかなぁと見に行ったの」とのこと。
毎日楽しみにしてるけれど、フト淋しくなったりするのかな?と思ったら、
なんだか鼻の奥がツンとしました。
頑張れ年少さん!



3月19日。
全国的にとても暖かかった日、私の住む街もまるで初夏のような暖かさで。
子供たちも私も少し薄着で、予定していた予防接種に出かけました。

リョウはおたふく。 ユウは少し遅めの三種混合三回目。
リョウにとっては物心ついて初めての注射。
泣くかな?と思いきや、「痛い、ちょっと痛い」と言いながらもなんとかクリア。
ユウはいつものごとく、みかけによらずにビビリで(笑)
お兄ちゃんが受けてるときから大泣き。
まぁ、いつものことです。

その後、注射を頑張ったご褒美にマックのハッピーセットを買って私の実家へ。
弟もたまたま仕事が休みで、みんなで家でご飯を食べました。

さて、午後。
「天気もいいしどこかに行こうか?」
「その前にみんなでお墓参りだねー」
なんて話している一瞬の隙に、ユウが階段を一段あがりそして転倒!
左の後頭部をぶつけました。
母が一番近くにいたので、泣いたユウを抱き上げた瞬間、
頭を左右に大きくブンブンと振るユウ。
「相当痛かったんだねー」なんて呑気に言いながら私が抱っこをすると、
すぐに泣きやみました。

その時から、グッタリとしはじめ台所の椅子に座ってるときには、
眠るように私にもたれかかっていました。
その間、30秒くらい?
確かに眠い時間だけど、寝るにはなんか変?と近くにいた義妹と顔をみると。
白目をむいて、口がもぐもぐしている!

えっ?えっ? なに?
慌てて名前を呼びながら、庭に行った母を大声で呼び、二階にいる弟を大声で呼び。
その間にもユウは顔がどんどん真っ白に。
そして救急車を呼ぶ頃には、私の腕の中で目を閉じました。
「息してない。やだー、やだー、ユウ」と私は半狂乱。
(意識を失っていただけなのかはっきりはしませんが、その場にいた人は全員
「息してなかったよね」と言ってます)
降りてきた弟が、今まで聞いたことのない大声で「ユウ、ユウ」と何度も呼ぶと、
瞼がピクピクとし、なんとか目を開けました。

それでも顔は真っ白、瞬きもせず焦点も合わず。
そしてなんと聞こえてきたサイレンは、消防車!
なんで? お母さん間違えた?と思いつつ、隊員のかたは近くから着たとのこと。
救急と連携を取って、一番近くから駆けつけたそうです。そして手にはAEDが。
そう、救急に電話したときに母は「意識もなく、息もしてない」と言ったようで。
(後でいろいろ聞いたら、住所もうまく言えなくて「番地」しか言わなかったらしい。
そのあとすぐに、警察から折り返し電話がきました。)

とりあえず意識が戻ったこと、息をしているということで隊員の方もホッとした感じで。
すぐに救急車も到着。
中で状況を何度も聞かれて、かかりつけ医を聞かれたのでいつものところを言ったら、
そこに連絡をしてみるとのこと。
「えっ? 総合病院とか救急病院とかではないの?」と思ったのですが・・・
かかりつけのところが受け入れ可とのことで、そちらに向かいました。
今思うと、救急隊員のかたたちが「大丈夫だろう」と判断したのと思いますが、
私は「(かかりつけの)先生、断れ!」と思ってました。
(私自身、大きい病院に運んで欲しかったし、実際弟に怒られました)

先生も、「なに?どうしたのー?」と言いながらすぐに状態をみてくれて、
頭部のレントゲンをとってみることに。
そうだよね、午前中に大泣きしながら予防接種を受けた子が、
午後に救急で運ばれてくるんだもん。
先生もビックリしてたと思います。
その頃には夫も到着し、二人で先生の話を聞くことに。
「頭蓋骨が割れたり、ひびが入ってるというところはありません」
「すぐに泣いたことと、そのあとに吐かなかったので大きな心配はないと思います」
「なのであとは家で様子をみてください」とのこと。
頭を打ったあとの注意を聞いて、帰宅することになりました。

私たちは弟の車に乗って、実家に帰宅。
夫は会社に戻りました。

本当は泊まる予定ではなかったのですが、夫の仕事が忙しく、
何時に帰宅できるかわからないとのことで、
みんなで見ることができるように、実家に泊まることに。
私も興奮しているのか、動揺しているのか、ってどっちも!状態で、
運転して帰って、一人で子供たちをみているのが不安だったのでね。

その後、大人たちは猛省しました。
「階段、たった一段とは言えないということ」
「大人が大勢いると、誰かみてくれているだろうという思いは間違いということ」
「二番目ということで、安心していた部分が多かったということ」

そして、いざというときの対処方法。
例えば救急車の呼び方、心臓マッサージの方法等々。
今回は大人が4人いたことと、弟が(仕事の関係で)詳しく勉強したことがあって、
だいぶ心強かったのですが。
私1人だったら一体何ができていたのだろう?と思うと、
本当に今でも震える程に怖い気持ちでいっぱいです。
実際に私は、震えて名前を叫ぶことだけしかできなかった・・・

今回は不幸中の幸いで、事なきを得たのですが。
義妹と、「お互いもっと勉強しようね」と約束しました。
子どもと過ごす時間が一番多い母親だからこそ、もっと学ぶことが必要だと思うのです。

なんだかいつもに増して、乱文になってしまいました。
ここまで読んでくださってありがとうございます。
私自身ももちろんですが、小さなお子さんをお持ちの方は本当に気をつけてください。
例えば、打ちどころが悪ければ・・・
お座りした状態から転んだだけでも、今回と同じことが起こりうると思うのです。
いつものことだからと思わず、泣いたから大丈夫と思わず、
頭を打ったら、誰かが近くにいて状態をみていることが大切だと思います。

私があのとき、「ただ眠くなっただけ」と思ってそのまま抱いたまま寝かせていたら・・・
考えると気が狂いそうになります。
本当に、顔を見て良かった。
なんだかいつもと違う・・・と思って本当に良かった。
今まで当たり前だったことが、一瞬のことで当たり前じゃなくなる。
そんなこともあるということを忘れず、暮していきたいと思います。

ユウはその後、元気に笑っています。
あんなことがあったなんて、嘘のように沢山食べて沢山寝て、泣いています。
本当に、この笑顔を失うことがなくて、本当に本当に良かった・・・

そう、その間のリョウのことは正直覚えていません。
ただ母から聞いた話によると。
縁側から外に向かって、「ユウが死にましたーー、誰か助けてくださーーい」と
大きな声で泣きそうになりながら叫んでいたそうな。
そのあとも、「ユウが動いて良かったね」とか、
「ユウー、○○(弟の名前)」と私が叫んだ真似をしていたので、きっと心に残っていくことでしょう。

私自身もフラッシュバックというか、思い出して苦しくなることがまだあるのですが、
リョウの心のケアもしつつ、新しい生活に進んでいきたいと思います。
入園まで忙しいけれど、少しのんびりできるかな?

土曜日の夜にはユウの熱も下がり。
日曜日くらいから、お腹やおでこに点々と湿疹が・・・
やっぱり突発性発疹だったようです。。
がーーーっ!!
発疹が出始めてからのユウ、ご機嫌が斜めもいいとこ。
泣く、叫ぶ、抱っこ、おっぱいのオンパレード。 ひじょーーーに、疲れます。
えーっと思って調べると、そうなる子も多いとか。
発疹がひくと同時に、機嫌が良くなるそうなので。
もう少し、もう少しだけ頑張っておつき合いします。 ハイ。

週末、夫とリョウは髪を切りにいったりマックに行ったり。
二人の時間を満喫していたようなのですが、私とユウはもちろんお留守番。
食料もないし、そろそろ買い物にでもと思ったけれど、こんな調子なので。
当分のんびりとお家で過ごすことにします。


ユウが昨夜から発熱中@@
なんかぐったり熱いなぁと思ったら、39.5℃って・・・

今日は病院に行って診てもらってきました。
「突発性発疹」かなぁとのこと。 おぉぉ、これが噂の突発性発疹!!
実は、リョウはかかってないのです。
なので知ってはいるけれど、私にとっても初めての経験。
抱っこをするとビックリするほど熱く、ぐったりしている子供をみるのは可哀想ですね。
さっきまた熱をはかったら、40.5℃でした。

今日は夫も遅いらしいので、このまま3人で寝ちゃおうかな。
さすがに早すぎかな?
ミシン・・・ したい気持ちはあるものの、なんだかさすがに私も疲れたわ。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 にこ家, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。